掲載日: 文章:Clipee運営局

特徴的なフォームは一度見たら忘れない!タイラー・クリッパード【海の向こうの凄いやつ】

ナショナルズで長らくセットアッパーとして活躍したタイラー・クリッパード。その後はジャーニーマンとなり移籍を繰り返している。昨シーズン半ばからはヤンキースでプレー。
第4回WBCでもアメリカ代表に選出されている。

名前:タイラー・クリッパード(Tyler Clippard)
国籍:アメリカ
生年月日:1985年2月14日
守備:投手
投打:右投右打
所属:ヤンキース→ナショナルズ→アスレチックス→メッツ→ダイヤモンドバックス→ヤンキース
年俸:615万ドル(2017年)
2016年成績:69試合/4勝6敗3S/63回/奪三振72/与四球26/防御率3.57
通算成績:558試合/46勝35敗56S/625回/奪三振684/与四球256/防御率2.95
※2016年終了時点

2003年にドラフト9巡目(全体274位)でヤンキースに指名され入団。2007年に先発としてメジャーデビューを果した。デビュー戦となったメッツとのサブウェイシリーズでは6回1失点でQSを達成し初先発初勝利。

シーズンオフにナショナルズへトレードされ移籍。頭角を現したのは移籍後の2009年から。先発から中継ぎに転向し41試合に登板。翌2010年からは5年連続70試合以上の登板を果たすなどセットアッパーとして活躍した。2012年は一時クローザーも務め32セーブをマーク。
その後、アスレチックス、メッツ、ダイヤモンドバックスと移籍し昨シーズン途中からデビューチームであるヤンキースへと戻っている。

特徴的なのはゴーグルと極端なほどの超オーバースロー。一度見たら忘れられない投球フォームから繰り出されるストレートは145キロ前後。目立つほどの速さではないがチェンジアップ、スプリット、スライダーと投げ分け三振を奪う。

こちらの記事も読まれています

新着記事