掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC速報】プエルトリコが先制!メッツのルーゴが5回まで無失点 / プエルトリコ 対 ベネズエラ

11日(日本時間)にメキシコのエスタディオ・チャロスで開催されている第4回ワールドベースボールクラシックのプエルトリコ対ベネズエラの試合。

プエルトリコはルーゴ、ベネズエラがヘルナンデスのメジャー同士の投げ合いが繰り広げられ、2回まで共にノーヒットピッチングが続いていた。

沈黙を破ったのは全大会王者のプエルトリコ。
3回裏、先頭打者ロサリオがライトヒットで3塁まで出塁すると、続くリベラの犠牲フライで先制する。さらにフェンテスがセンターヒットで出塁、リンドアは1球も振ることなくフォアボールで1アウト1,2塁のチャンスが続く。
ピンチが続くベネズエラは、ブラードのファンブルで1アウト満塁にすると、2回まで好投を見せていたヘルナンデスが2回目のストレートフォアボールで押し出しの1点を与えてしまう。
ここでヘルナンデスはマウンド下り、途中交代のインファンテが3球で抑えてピンチを乗り切った。

プエルトリコはメッツへメジャー初昇格を果たしたルーゴが4回1つのヒットを与えるも、5回まで無失点でベネズエラの強力打線を封じている。

【関連】WBC2017 1次ラウンド プエルトリコ 対 べネズエラ 試合結果

【WBC 速報】A.ジョーンズのサヨナラ打でアメリカ1勝 先発アーチャーは4回完全

新着記事