掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC 侍ジャパン】2次R・オランダ戦の先発は石川歩が濃厚!

第4回ワールドベースボールクラシック1次ラウンドを3戦全勝で終えた日本代表。2次ラウンド初戦となるオランダ戦の先発は石川歩(ロッテ)となりそうだ。

石川は1次ラウンド初戦となったキューバ戦に先発。4回を58球で1失点、被安打2、奪三振1、与四球1とまとめ大役を果たした。当初は、2次ラウンドの初戦に則本昂大(楽天)の起用が濃厚だった。しかし、キューバ戦で石川の後を投げ2.2回を3失点、被安打5、奪三振1と打ち込まれ小久保裕紀監督は再考。

「先発は中4日で考えていない」との考えを撤回し石川に決めた。オランダ打線は日本球界でおなじみのバレンティン(ヤクルト)やグレゴリウス、スクープ、シモンズ、ボガーツなどのメジャーリーガーも揃う。力で勝負するタイプの則本よりもシンカー、カーブで交わす石川のほうが与し易いというのもあるだろう。

1次ラウンドに続き2次ラウンドも大事な初戦を任されることになった石川。球数制限が65球から80球に増えることで5回、あわよくば6回まで「ひょうひょう」と投げることに期待したい。

【WBC 侍ジャパン】見事3戦全勝で終えた日本代表の一次ラウンド総括

キーワード

新着記事