ヤンキースのクローザーとして活躍後にホワイトソックスへ移籍。3年連続で30セーブ以上マークしているデビッド・ロバートソン。

名前:デビッド・ロバートソン(David Robertson)
国籍:アメリカ
生年月日:1985年4月9日
守備:投手
投打:右投右打
所属:ヤンキース→ホワイトソックス
年俸:1,200万ドル(2017年)
2016年成績:62試合/5勝3敗37S/62.1回/奪三振75/与四球32/3.58
通算成績:524試合/36勝27敗118S/519回/奪三振685/与四球211/防御率2.82
※2016年終了時点

2006年のドラフトで17巡目(全体524番目)でヤンキースから指名され入団。1人前の指名が今シーズンから青木の同僚となるジョシュ・レディック(アストロズ)だ。

2008年にメジャーデビューを果し25試合に中継ぎ登板。2010年から勝ちパターンでの登板が多くなった。昨シーズンまでホワイトソックスへの移籍を挟んだものの7年連続60試合以上に登板。2014年からはクローザーとして起用されている。2014年シーズンオフにFAとなりホワイトソックスへ移籍してからもクローザーとして活躍中。

ロバートソンといえばデレク・ジーターの引退試合だろう。5-2と3点リードの9回表に黒田博樹からマウンドを譲り受けたロバートソンはオリオールズ打線に捕まり同点を許してしまう。この、同点劇があったことで、その裏のジーターのサヨナラ適時打が生まれることになったのだ。

投球の95%がカッター(65%)とカーブ(30%)。この2球種で緩急をつけ打者を打ち取る。追い込んでからの割合はカッター(53%)、カーブ(42%)となっておりほぼ2択だ。

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アメリカン・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事