掲載日: 文章:Clipee運営局

ロッテ・佐々木が5回1失点の好投!好調DeNA打線から7奪三振!/OP戦

12日、ロッテは横浜スタジアムでDeNAとオープン戦を行った。

ロッテの先発は2016年ドラフト1位ルーキーの佐々木が先発登板し、5回1失点7奪三振と、奪三振ショーを繰り広げた。

初回、先頭の桑原将志を外角直球で見逃し三振に仕留めると、2回には新外国人のアウディ・シリアコ、宮崎敏郎を見逃し三振。三回には白崎浩之を直球で見逃し三振、桑原を直球で今度は空振り三振に仕留める。4回にはホセ・ロペスを外角のスライダーで空振り三振。5回には桑原から三度目の三振を見逃しで奪い、計7奪三振。

これでオープン戦は3試合で9回2失点(自責点1)と、5球団競合の実力を存分に発揮し、開幕ローテーションも見える位置につけた。

試合はロッテが4-2でDeNAに勝利した。

ロッテ・井上がOP戦1号!今年の四番はアジャだ!

こちらの記事も読まれています

新着記事