12日、オリックスは京セラドームで西武とのオープン戦を行った。

躍動したのは新外国人のロメロだ。4番指名打者でスタメン出場すると2回、4回に2打席連続安打を放ち早々とお役御免。

この日、2打数2安打でロメロは打率.571とし4番争いは混沌としてきた。福良淳一監督は吉田正尚、T-岡田、ロメロの3人で競わせている。その3人揃って結果を出し嬉しい悲鳴だ。10日のオープン戦で自打球を当て2日連続で欠場している吉田正の状態は心配ではあるが、開幕には間に合う見込みだ。

最下位脱出を狙うためにも得点力アップ、そして中軸の固定は重要だ。福良監督は4番を誰に据えるのか注目したい。

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事