掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC 速報】青木宣親がフェンス直撃のツーベースでチャンスメイク

いよいよ開幕した第4回ワールドベースボールクラシック2次ラウンドの日本対オランダの試合。

オランダはソフトバンクで活躍するバンデンハークが先発マウンドに立つ中、侍ジャパンは1番田中広輔、2番菊池涼介が積極的に打ちに行くも捉えきれず、3番青木宣親の打席。青木は高めに浮いたバンデンハークの投じた高めの直球を逃さず捉えあわやホームランとなるツーベースで早速チャンスメイクをした。

続く筒香嘉智が空振り三振に倒れ注目された1回の攻撃はゼロで終わった。

【WBC】日本対オランダの試合速報はこちら

【WBC 速報】いよいよ始まるオランダ戦 侍ジャパンは如何に戦う?

キーワード

新着記事