掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC 速報】中田翔が3試合連続の勝ち越しスリーランホームラン

熱い戦いを繰り広げている第4回ワールドベースボールクラシック2次ラウンドの日本対オランダの一戦。

初回からファンを熱くさせる戦いを繰り広げている侍ジャパン。
1-1で迎えた3回の侍ジャパンの攻撃、先頭の田中広輔が倒れ、2番菊池涼介がヒットで出塁し3番青木宣親を迎えた。
バンデンハークの投じた外めの球を青木は逃さず打った打球は三塁線を抜けるかという強烈な当たりも、オランダのボガーツのファインプレイによって長打にはならず一死一二塁のチャンスで侍の4番筒香嘉智を迎えた。

力みなぎる強振を続ける筒香に対しバンデンハークも粘りのピッチングを続け、ハーフスイングの三振にとられてしまう。
しかしここで終わらない侍ジャパンは5番中田翔が男を見せたのだ。

バンデンハークの投じだ高めのスライダーを強振した中田の当たりはレフトスタンドへ運ぶスリーランホームラン。
場内は異常な盛り上がりをみせ、日本が4-1と大きくリードした。

【WBC】日本対オランダの試合速報はこちら

【WBC 速報】侍ジャパン先発の石川歩がJ・スクープにソロホームランを浴びる

キーワード

新着記事