掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC 速報】平野佳寿・千賀滉大の鬼気迫る投球で日本にリズム作る

大盛り上がりする東京ドームで開催中の第4回ワールドベースボールクラシック日本対オランダの試合は目の離せない試合となっている。

初回からノーガードの打ち合い模様の展開になり、日本は中田翔、オランダはバレンティンのホームランなどで3回までに5点を奪い合う展開となった。
そんな展開に遅れることなくこの大会で著しい成長を見せる小林誠司が貴重なタイムリーを放ち先制した。

このハイペースな展開になる中、注目すべきは侍ジャパンリリーフ陣だ。

先発の石川歩からマウンドを譲り受けた平野佳寿・千賀滉大の魂の籠ったピッチングは身震いするほどだった。
特にピンチを招いた際の鬼気迫る千賀の投球はボガーツ・バレンティン・グリゴリアスとういう世界を代表する打者を圧倒した。

【WBC】日本対オランダの試合速報はこちら

【WBC 速報】小林誠司がまた魅せた!センター前へ勝ち越しタイムリー

キーワード

新着記事