掲載日: 文章:Clipee運営局

本当の平成の怪物は誰!? 平成の怪物にノミネートされるべき7選

甲子園において元祖怪物は江川卓(作新学院→巨人)で異論は無いだろう。その江川以降時代は代わり平成の世になり新たな怪物候補が多く誕生している。本当の『平成の怪物』は誰なのだろうか。ここで『平成の怪物』にノミネートされるべき選手たちを7名選んでみた。

松坂大輔(横浜/神奈川県)

『平成の怪物』と聞いて真っ先に思い浮かぶのは松坂大輔だろう。1980年の甲子園で一大ブームを巻き起こした荒木大輔(早稲田実業)にあやかり『大輔』と名づけられたのはもはや運命と言ってもいい。

松坂は2年時に自身の暴投で敗れた試合から一念発起。3年生となった1998年春の選抜で甲子園初出場を果たすと圧倒的な強さで甲子園制覇。夏の甲子園では準々決勝で伝説となるPL学園(大阪府)との延長17回に及ぶ死闘を制し、決勝ではノーヒットノーランを達成。その後の国体も制し公式戦を44戦無敗で松坂の高校生活は幕を閉じた。150キロを超えるストレートを売りとし野球ファンは松坂のことを『平成の怪物』と呼んだのだ。

こちらの記事も読まれています

新着記事