掲載日: 文章:Clipee運営局

不来方が挑む初めての甲子園!参加校最小人数の10名で挑む大舞台

10人で挑む夢舞台での愛称はどうなる?

選抜出場が決定後に多くのお祝いメール、LINEが届いたという小山監督、そして10人の部員たち。現在のところ新入部員の問い合わせはないという。規則上、新入部員は認められるが小山監督は「来たらその時に考えます」と話している。このことからも10人で本大会に臨むことが濃厚だ。

その不来方と同じ21世紀枠で出場している中村高校(高知県)は40年前に部員12人で出場。「二十四の瞳」で旋風を巻き起こし準優勝。池田高校(徳島県)も部員11人で夏の選手権大会に出場し「さわやかイレブン」で親しまれ準優勝に輝いた。

今回、わずか10人の不来方が快進撃をした際にはどのような愛称がつくのだろうか。昨年大河ドラマで人気を博した「真田十勇士」だろうか。

不来方の快進撃、そしてキャッチフレーズが今から楽しみだ。

あの年はどんな選抜甲子園だった!? 過去5年の選抜総まとめ

こちらの記事も読まれています

新着記事