掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC 速報】止まらないプエルトリコ打線 13安打9得点でイタリアに快勝

月13日(日本時間)にメキシコのエスタディオ・チャロスで開催された第4回ワールドベースボールクラシックのプエルトリコ対メキシコの一戦は、プエルトリコが快勝した。
勝利したプエルトリコはプールD1次ラウンドを3戦全勝とし1位で2次ラウンド進出することが決定した。

試合は初回から激しく動いた。
1回イタリアの攻撃で四球で出塁したランナーを2番アンドレオリが先制の2ランホームランを放ち2点を先制した。
反撃に出たいプエルトリコはその裏、1番のパガンが2ベースで出塁すると、5番バエスがレフトへのタイムリーを放ち1点差とする。
すると2回、イタリアはビュテラのソロホームランで再び2点差とリードを広げたが、その裏プエルトリコ打線が繋がり2点を返され同点とされてしまった。
さらにプエルトリコはイタリア投手陣を責め立て5回までに9得点を奪い9-3と大きくリードを広げた。

一矢報いたいイタリアだが、プエルトリコ投手陣を切り崩す事ができず、2回以降得点を奪うことができず9-3でプエルトリコが快勝した。

こちらの記事も読まれています

新着記事