掲載日: 文章:Clipee運営局

打倒作新学院に燃える!最速147キロ右腕・石川翔【Players report】

栃木県は全国制覇を果した作新学院が6年連続で甲子園に出場中。王者作新学院の牙城を崩す期待が高まっているのが青藍泰斗のエース石川翔だ。

氏名:石川翔(いしかわしょう)
守備:投手
投打:右投左打
所属:青藍泰斗高校
出身:板橋シニア

板橋シニアから青藍泰斗へ進学した石川。入学後1年の秋にはヒザの手術を行うなど決して順風満帆ではなかった。リハビリから復帰した2年の春に公式戦デビュー。ここで146キロをマークするなど注目を浴びる存在になる。

2年秋の新チームから主戦を務め秋季栃木県大会では4位。惜しくも関東大会出場はならなかった。出場を果たしていれば金久保優斗(東海大望洋市原)と並ぶほどの右腕として注目を浴びていただろう。

最速147キロのストレートにスライダーを投げるオーソドックスな投球スタイル。打撃センスもあり50メートルは6秒前半。チームでは4番を務め栃木県大会準々決勝の宇都宮戦では4打数3安打3打点の大活躍。投打に渡りチームを支える大黒柱だ。

青藍泰斗高校は1990年に甲子園初出場を果たして以来、全国の舞台は経験していない。そのため石川自身もまだまだ無名だ。全国区になるためにも王者作新学院を倒し夏の甲子園に出場したい。

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事