掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC 速報】メキシコが追うベネズエラを振り切り初勝利 

13日(日本時間)にメキシコのエスタディオ・チャロスで開催された第4回ワールドベースボールクラシックのメキシコ対ベネズエラの一戦。

メキシコとベネズエラが国の威信をかけた壮絶な打撃戦をおこなった。
メキシコは既に2敗しており2次ラウンド進出には僅かな可能性だが勝つ以外はない状態であり、ベネズエラは1勝1敗で勝てば2次ラウンド進出が確定するといった戦いになった。

試合はメキシコが先手を打つ形で動き出した。
2回の表のメキシコの攻撃は、先頭打者のレアードが四球で出塁すると続くベルドゥーゴがヒットで繋ぎ無死一二塁のチャンスを作った。
このチャンスにアマダーが先制のタイムリーを放ち2点を先制。さらにクルーズ、キロスとタイムリーを続けこの回一挙5点を奪った。

反撃に転じたいベネズエラは3回裏の攻撃で一死一二塁のチャンスにプラードのタイムリーで1点を返し5-1とした。

しかしメキシコの攻撃は止まらず、5回表レアードの3ランホームランが飛び出し、メキシコが8-1と大きくリードを広げた。

ここから壮絶な打撃戦に試合は動いた。
リードを広げられたベネズエラが5回裏にインシアルテ、インシアルテ、カブレラの連続タイムリーで3点を返し8-4とつめよると、メキシコが1点を返す。
そうするベネズエラが6回表に2点を奪うといった流れで8回終了時点までにべネズエラが2点差まで詰めるも反撃はここまでだった。

打撃戦となったこの試合はメキシコが11-9で逃げ切る形で勝利した。

【WBC 速報】アメリカが投打がバッチリ噛み合いカナダに完勝 2次ラウンド進出

キーワード

新着記事