3月13日、東京ドームで開催されている第4回ワールドベースボールクラシック2次ラウンド「イスラエル対オランダ」の一戦。
昨夜侍ジャパンと激闘を繰り広げたオランダと今大会のダークホースのイスラエルの一戦とあって世間の注目度は非常に高い。

この試合、いきなり主導権を握ったのはオランダだった。
オランダは2回、先頭のバレンティンが四球を選び、J.スクープの四球などで二死二三塁のチャンスを作った。
続く打者デカスターがこの試合先制となるタイムリーツーベースを放ちオランダが2点を先制した。

【WBC】イスラエル対オランダの試合速報はこちら

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事