マエケンがOP戦で好投!4回途中7奪三振!

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局
  • 写真:Gettyimages

13日(日本時間14日)、ドジャースの前田健太がエンゼルスとのオープン戦に登板した。

今シーズン2度目の登板となった前田は初回3者連続三振の好スタート。2回、先頭のプホルスに本塁打を浴びたものの後続は2つの凡打、三振に打ち取った。3回も1回同様に3者連続三振。4回2死を取ったこところで交代。

この日の前田は3.2回を投げ被安打1、奪三振7と圧倒的な投球を披露。開幕に向けて仕上がりの良さをアピールした。

昨年は終盤に息切れしポストシーズンでは好投ができず悔しい思いをした。2年目となる今シーズンはペース配分を考えてシーズンに臨むが既にこの仕上がり。

昨年以上に好結果を残しチームをワールドチャンピオンへと導きたい。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

ナショナル・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事