パナソニックから2年後のプロ入りを目指す!法兼駿【Players report】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

社会人野球の強豪・パナソニックでルーキーながらスポニチ大会で3番スタメン出場をしている選手がいる。亜細亜大学からやってきた法兼駿だ。2試合連続本塁打を放つなどその存在感を発揮している。

氏名:法兼駿(のりかねしゅん)
守備:内野手
投打:右投左打
所属:パナソニック
出身:飯山中学校(軟式)→高知高校→亜細亜大学

高知高校時代は3年春に選抜出場した法兼。1回戦で柳裕也(中日)率いる横浜高校と対戦。4-0の完封負けを喫し法兼自身も4打数無安打、1三振と封じ込められた。この試合、高知高校の3番は一学年したの和田恋(巨人)で4番に法兼という打順。和田は1安打を放っている。

亜細亜大学に進学後、1年春から試合に出場するもレギュラーとなったのは3年春。同年秋に覚醒し打率.471で首位打者、そして二塁でベストナインを獲得した。4年春も打率.333で指名打者のベストナインを獲得。ドラフト候補に名乗り出た。

173センチ78キロと小柄な二塁手でアベレージ型の打撃を心がける。50メートルは6秒0と俊足も売りだ。

しかし、プロ志望届を提出したものの指名はなく、社会人野球の名門パナソニックへと就職。2018年のドラフトを目指している。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アマチュアに関する記事

お勧め記事

新着記事