掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC 速報】筒香の2打点目となる同点タイムリーで日本が追いつく

3月14日東京ドームで開催されているの日本対キューバ(第4回ワールドベースボールクラシック2次ラウンド)の一戦は、キューバにリードを許す苦しい戦いになった。

試合は序盤山田哲人の先頭打者ホームランで侍ジャパンが先制するも、キューバ打線の猛攻をエース菅野智之が抑えることができず4回までに4点を失い4−2と苦しい展開となった。

反撃に出たい侍ジャパンは、5回裏の攻撃で先頭の小林誠司がヒット出塁すると、この当たっている山田哲人は四球を選び無死一二塁のチャンスを作った。
このチャンスに2番菊池涼介がきっちり犠打で送り3番青木宣親のセカンドゴロの間に1点を返した。
さらにチャンスは続き、二死三塁で4番筒香嘉智がこの日2打点目となる同点タイムリーをセンターに弾きかえし試合を振り出しに戻した。

【WBC】日本対のキューバ試合速報はこちら

【WBC 速報】菅野打たれる キューバがチャンスを活かし2点を勝ち越す

キーワード

新着記事