掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC 速報】今日も小林が打った!ラッキーボーイの値千金の同点タイムリー

東京ドームで開催されている第4回ワールドベースボールクラシック2次ラウンドの日本対キューバの一戦。
侍ジャパンは5回に追いつき6回表に1点のリードを許すも、小林誠司が値千金となるタイムリーを放ち同点とした。

6回表に、この回から登板した増井浩俊が踏ん張りきれず1点を失ってしまう。
しかしその裏、一死から松田宣浩が降り逃げで出塁し四球などで一死一二塁のチャンスで今大会のラッキーボーイ小林誠司が値千金となるレフト前へのタイムリーヒットで同点とした。

【WBC】日本対のキューバ試合速報はこちら

【WBC 速報】リリーフの増井が踏ん張れず侍ジャパンが再びリードを許す

キーワード

新着記事