掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC 速報】終盤の逆転劇で侍ジャパン5連勝 山田哲人が復活の2ホーマー

3月14日東京ドームで開催されている第4回ワールドベースボールクラシック2次ラウンドの日本対キューバの一戦は、終盤の逆転劇でキューバを下し2連勝とした。

この試合は侍ジャパン1番の山田哲人の先頭打者ホームランからスタートした。
1回の表、先頭打者の山田はキューバ先発のバノスからレフトスタンドへ突き刺さるソロホームランを打ち1点を先制した。
しかし2回裏、先発の菅野智之が踏ん張れず2失点、さらに4回にも2失点と結果を残せず4回までで4-2とリードを許す展開となった。

追いつきたい侍ジャパンは5回裏に筒香嘉智のこの日2度目のタイムリーを放つなどで2点を追加して4−4と試合を振り出しに戻した。
だがこの日のキューバはここで終わらなかった。同点に追いつかれた翌回、アラルコンのタイムリーで1点を勝ち越し再びキューバがリードする展開となった。

再度リードを許した侍ジャパンは7回に小林誠司のタイムリーで同点に追いつき8回に内川聖一の犠飛で1点を勝ち越した。
ダメ押しは、8回山田がこの日2本目となる2ランホームランを放ち8−5とリードを広げた。

9回は牧田和久が登板しキューバ打線を三者三振にきってとり侍ジャパンが勝利した。
侍ジャパンはこれで1次ラウンドから通して5連勝とした。

【WBC】日本対のキューバ試合速報はこちら

【WBC 速報】山田が2本目のダメ押し2ランホームラン

キーワード

新着記事