掲載日: 文章:Clipee運営局

阪神・小野が先発で4回2失点!開幕ローテ当確や!

14日、阪神は京セラドーム大阪でオリックスとオープン戦を行った。

春季キャンプからアピールを続け、金本知憲監督が絶賛しているドラフト2位ルーキー・小野泰己が先発。

初回、いきなり西野真弘と安達了一に連打を浴びるも、落ち着いて後続を打ち取り無失点。2回には小谷野栄一、T-岡田、若月健矢と三者凡退に抑えた。しかし3回、1死から西野に四球を与えると安達に安打を浴び、新外国人のロメロに中前適時打を許してしまう。4回にも安打と失策で1点を許し、4回2失点でマウンドを降りた。

「自信のあるボールで勝負できるように」と直球で押し込み、及第点と言える投球を見せた。今後は投球の精度を上げ、長い回を投げられるようにしたい。

阪神・上本が猛打賞!二塁は鳥谷に渡さない/OP戦

キーワード

新着記事