掲載日: 文章:Clipee運営局

ロッテ・スタンリッジが1安打投球!来日10年目の貫録!

14日、ロッテはZOZOマリンスタジアムでヤクルトとオープン戦を行い、来日10年目となるスタンリッジが先発登板した。

スタンリッジは初回、坂口智隆に右前打を許すも鵜久森淳志を三ゴロ、雄平を左飛に打ち取り無失点。2回には先頭の畠山和洋に四球を与えたが続くグリーンを一ゴロ併殺に仕留めてこの回を3人で終えた。3回を三者凡退で迎えた4回は先頭から二者連続で四球を与えピンチを迎えたが、後続を抑えてこの回も無失点。

4回を投げて1安打無失点でこの日の登板を終えた。スタンリッジは「まだ改善の余地はあるけど、思った通りに投げられた」と話し、順調な調整に納得していたようだ。登板後にはヤクルト先発のブキャナンと話し、日本での経験などを伝え、後輩想いなところも見せていた。

ロッテ・角中が別メニュー調整「大丈夫です」

こちらの記事も読まれています

新着記事