掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC 侍ジャパン】日替わりでヒーローが生まれる空気感

3月14日、第4回ワールドベースボールクラシック2次ラウンド第2戦のキューバ戦(東京ドーム)。日本はキューバに勝利して2次ラウンド突破へ大きく前進した。

この試合のヒーローは山田哲人(ヤクルト)だった。初回に先頭打者本塁打を放ち先制点をもたらすと8回裏にはキューバを突き放すトドメの2点本塁打。この日まで調子の上がらなかった2年連続トリプルスリー男が復活の狼煙を上げた。

思えば1次ラウンド初戦では松田宣浩(ソフトバンク)が5打数4安打1本塁打4打点でチームを牽引。侍ジャパンでも「熱男」をスタンドへ披露してくれた。2戦目のオーストラリア戦では中田翔(日本ハム)が膠着状態となっていた試合を動かす一発を放つとトドメを筒香嘉智(DeNA)がさした。3戦目では小林誠司(巨人)が中国を突き放す2点本塁打。

1次ラウンドでは打線で日替わりヒーローが生まれ勝ち進んできた。もちろん、投手陣を支えた牧田和久(西武)、美技でチームを救った菊池涼介(広島)もいる。

2次ラウンドに入ってもオランダ戦では中田、そして2戦目の山田。

今大会の侍ジャパンはヒーローが毎日変わり誰かがダメでも誰かがカバーする。小久保裕紀監督が勝利監督インタビューで「勝利への執念」、牧田は「投手陣が一つになった」とコメント。これがチーム全体に波及しミスをしても誰かが取り返す。

そんな一体感が生まれているのだろう。

今大会は楽な試合が一つもない。第1回、第2回連覇した日本とアジア、欧州、そしてキューバの差は縮まっているということだ。そんな紙一重の勝負を無敗で勝ち進んでいるのは、日替わりヒーローが生まれる空気感があるからだろう。

明日侍ジャパンを救うヒーローは誰になるのか今から楽しみだ。

【WBC 日本】牧田が締めた!4試合連続無失点の頼れる男!

キーワード

新着記事