掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC 侍ジャパン】冴え渡る小久保采配!勝負所の『代打内川』で今日も決める!

第4回ワールドベースボールクラシック2次ラウンドも残すところ3月15日のイスラエル戦(東京ドーム)のみとなった。

日本代表はここまで5連勝と勢いに乗る。その要因の一つに代打起用が当たっていることがあげられるだろう。
日本は5試合で4度の代打起用を行っている。それは全て内川聖一(ソフトバンク)だ。チームではレギュラーを張る内川が今大会では代打に専念。3打数1安打1打点と結果を残している。

2次ラウンドオランダ戦では右投手相手に左の田中広輔(広島)に代わり出場し二塁打。キューバ戦では2安打を放っている小林誠司(巨人)に代わっての出場できっちりと犠飛。セオリーでは代打をしなくても良い場面で代打を起用し勝利に結びつける小久保裕紀監督。

昨日も勝利監督インタビューでは「小林と内川のところは迷った」とコメント。迷いがあったことを告白。それでも、自分を信じた采配で好結果を生みhttp://clipee.net/wp-admin/edit.php出した。

終盤におとずれる代打起用の成否は試合の結果に直結する。決勝まで『勝負師の勘』が冴え渡ることを期待したい。

【WBC 侍ジャパン】今日のヒーローは誰だ? イスラエル戦を先読み

キーワード

新着記事