掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC 速報】オランダ打線爆発!13安打14得点でコールド勝ち バレンティンは2ホーマー

3月15日東京ドームで開催された第4回ワールドベースボールクラシック2次ラウンド「オランダ対キューバ」の試合は。
注目が集まったこの試合、オランダ打線が爆発して7回13安打14得点でキューバ相手に7回コールドでオランダが勝利した。

試合は、序盤からオランダ打線が奮起した。
1回、バレンティンの3ランホームランで先制すると、2回にはシモンズのタイムリーで1点を追加し4点のリード。
さらにオランダ打線は止まらず、3回には、この日2本目となるバレンティンの2打席連続となるソロホームランで1点、デカスターの2ランホームランで2点を追加し7-0とした。
4回にもオランダはプロファー・グリゴリアスなどのタイムリーで5点を追加しコールドゲームの予感がする展開に。

何とか反撃に出たいキューバだが、オランダ先発のマルクウェルを攻略することができず奪えたのは6回メサのタイムリーでの1点のみで終わり、7回までに14得点を挙げたオランダがそのまま7回コールドで勝利した。

勝利したオランダは2次ラウンドを2勝1敗とし、日本対イスラエル戦の結果を待ち決勝ラウンド進出か否か決定する。

【WBC】オランダ対キューバの試合結果詳細はこちら

【WBC 速報】前回大会決勝の雪辱を晴らす!プエルトリコがドミニカに勝利

キーワード

新着記事