掲載日: 文章:Clipee運営局

ヤクルト・ギルメット、ルーキ、石山のリリーフ陣が好投/OP戦

15日、ヤクルトは神宮球場で今シーズン初のオープン戦をロッテと行った。

先発のマウンドに登った山中浩史は6回2失点と仕上がりは順調な模様。それに続いたリリーフ陣たちも揃って好投を見せた。

まずは昨シーズン故障もあり活躍ができなかった石山泰稚だ。簡単に2死を取り迎えるは前の打席で本塁打を放っている平沢大河。カウント2-1とボール先行となるが慌てない。ここからストレートを2球続け空振り三振に打ち取った。

8回のマウンドに登ったのは新外国人のギルメット。先頭の伊志嶺翔大を空振り三振に打ち取り後続もあっさり打ち取り三者凡退。
9回には昨シーズンから残留となったルーキが登板。中村奨悟、井上晴哉を二者連続三振に打ち取り最後の高濱卓也も内野ゴロで三者凡退。

リリーフ陣が揃って3人で打ち取り開幕へ向けて期待が高まっている。

ヤクルト・ブキャナンが好投!4回無失点でローテ入りへ前進/OP戦

新着記事