掲載日: 文章:Clipee運営局

中日・若松が5回5失点。開幕ローテに向けて不安/OP戦

15日、中日はメットライフドームで西武とオープン戦を行い、2-6で敗戦した。

中日の先発はエースの座を狙う5年目の若松駿太。

初回、先頭の金子侑司に左前打を打たれ、盗塁で二塁に進まれると、三番・浅村栄斗に適時打を打たれてしまう。さらに1死満塁から木村文紀に中犠飛を打たれ逆転を許してしまう。

2回から4回まで無失点に抑えて立ち直ったかに見えたが、5回裏、またしても浅村にやられてしまう。先頭の鬼崎に中前打を打たれると、金子侑にはセーフティバントを決められ無死一、二塁としてしまう。大﨑雄太朗の犠打で1死二、三塁とされると、浅村、中村剛也に連続適時打を浴び3失点。

この日は5回を投げて7安打3四球5失点とピリッとしない内容だった若松。開幕ローテへ向けて修正していきたいところだ。

中日・ビシエドに待望の一発!眠れる龍の目覚めに期待!/OP戦

キーワード

新着記事