掲載日: 文章:Clipee運営局

楽天・釜田が粘りの投球で5回1失点!ローテに前進!/OP戦

15日、楽天が静岡草薙球場で広島とオープン戦を行った。

楽天先発は昨年トミー・ジョン手術から復活勝利を挙げ、今年の先発ローテーションを狙う釜田佳直。

0-0の同点で迎えた2回、先頭の松山竜平に右翼への二塁打を浴びると、新井貴浩の二ゴロで1死三塁とし、次打者のエルドレッドの二ゴロの間に三塁走者が還り先制を許してしまう。

しかし釜田はこれで崩れず、4回まで毎回安打を許しながらも要所を締める投球で1失点で踏ん張る。5回には石原慶幸、桒原樹、安部友裕を三者凡退で片付け、この日の登板を終える。

5回1失点だった釜田は、前回のヤクルト戦登板の5回無失点から続けて好投した。「ここぞというところではしっかりしたボールが投げられている」と話す通り、ローテ獲得へ向けて前進しているようだ。

楽天・森雄大が5回無失点!開幕ローテ争いに踏みとどまる/OP戦

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事