掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC 速報】目覚めた侍ジャパン打線!松田がレフトオーバーのタイムリー

3月15日東京ドームで開催されている第4回ワールドベースボールクラシック2次ラウンドの日本対イスラエルの一戦は、侍ジャパン主砲筒香嘉智のソロホームランで動き出した。

侍ジャパンは先発千賀滉大が5回を完璧な投球をみせ、6回から登板した平野佳寿も三者凡退に抑えた。
なんとか先制したい侍ジャパンは6回、先頭の筒香が目覚めの1発を右中間スタンドへ放り込み、ついに1点を先制した。
さらにチャンスは続き、内川聖一の四球・坂本勇人のヒットなどで一死一三塁のチャンスを作り、松田のレフトオーバーのタイムリ−2ベースで1点、続く小林誠司の内野へのボテボテのゴロが、ヒットになりさらに1点を追加した。

続く山田哲人が敬遠のあと、一死満塁で菊池涼介がライト前へ運ぶタイムリーを放ち、4−0と大きくリードした。

【WBC】日本対のイスラエル試合速報はこちら

【WBC 速報】筒香の特大ホームランで侍ジャパンが先制!

キーワード

新着記事