掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC 速報】侍ジャパンは6回に一挙5得点! 筒香・松田・菊池が打った

3月15日東京ドームで開催されている第4回ワールドベースボールクラシック2次ラウンドの日本対イスラエルの一戦は筒香嘉智の一発から大きく動き出した。

6回、先頭打者の筒香の右中間スタンドへ運ぶ特大ホームランで侍ジャパンは先制し目覚めた。
この回、坂本勇人のヒットなどでチャンスを作り松田宣浩の値千金となるレフトオーバーのタイムリーヒットを放つと、続く小林誠司のラッキーな内野安打、菊池涼介のライト前へのタイムリーヒットなどで3点を奪い4-0とした。
さらに青木宣親は押し出しとなる死球を受け1点を追加し、この回一挙5点を奪った。

残塁が多く沈黙した雰囲気を4番の一振りで一変してしまった筒香の存在感はイスラエルにとって非常に脅威的なものとなっただろう。

【WBC】日本対のイスラエル試合速報はこちら

【WBC 速報】目覚めた侍ジャパン打線!松田がレフトオーバーのタイムリー

キーワード

新着記事