掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC 速報】侍ジャパンが3連勝で決勝ラウンドへ 筒香の1発で試合を決めた

【WBC 速報】侍ジャパンが3連勝で決勝ラウンドへ 筒香の1発で試合を決めた
photo by Gettyimages(WBC日本代表・松田宣浩)

3月15日東京ドームで開催されている第4回WBC2次ラウンドの日本対イスラエルの一戦は、侍ジャパンの主砲筒香嘉智の特大ホームランなどで6回に一挙5点を奪う猛攻をみせ、イスラエルに完勝した。

試合は、侍ジャパン千賀滉大が代表初先発ながら5回を1安打無失点に抑えるなど非常に締まった試合で進んでいった。
千賀を援護した侍ジャパン攻撃陣は、1・2・3回と得点圏にランナーを送るもあと一本が出ず嫌な雰囲気を漂よわせながら迎えた6回、ついに均衡を破る。
ここまでヒットのなかった先頭筒香が中堅スクリーンのわずか下にぶち当てる超特大ホームランを放ち1点を奪うと、四球とヒットで出たランナーを松田宣浩がレフトオーバーのタイムリーツーベースを放ち2点、山田哲人が敬遠されたあとの菊池涼介がライト前へのタイムリーヒットで1点を追加するなどでして、この回一挙5点を奪う猛攻をみせた。

さらに8回裏には、先発で唯一ヒットがなかった今日初スタメンの内川聖一が維持のタイムリーツーベース、この日2度目の松田のタイムリーなどヒットを集中させ3点を奪い8−0と大きくリードを広げた。

9回には侍ジャパン守護神の牧田和久がマウンドに登るが、イスラエルの維持の猛攻を浴びまさかの3失点。
バタつきながらも、9回を牧田がそのまま凌ぎきり、侍ジャパンは無傷の3連勝で決勝ラウンド進出を決めた。

【WBC】日本対のイスラエル試合速報はこちら

【WBC 速報】内川のダメ押しとなるタイムリーツーベースで2点を追加

キーワード

新着記事