掲載日: 文章:Clipee運営局

ソフトバンク・摂津が5回5失点3本塁打を浴びる「不用意」/OP戦

15日、ソフトバンクはヤフオクドームで巨人とオープン戦を行った。

先発投手は強力投手陣の中で開幕ローテーション争いを繰り広げる摂津正。

しかし初回から苦しい投球が続いた。マギーに四球を与えると、四番の阿部慎之助に右中間への本塁打を浴びて2失点。2回にも2死から柿澤貴裕にも一発を浴びる。さらに4回、1死から村田修一に左翼席への一発を浴びるなどこの回2失点。

この日は5回を投げて6安打5失点。安打の半分がホームランだった。

摂津は「今日は不用意なホームランを打たれすぎました。これ以上言うことはありません」と話すなど、厳しい表情。

厳しい先発ローテーション争いで一歩後退した形となるが、ここからの巻き返しに注目したい。

ソフトバンク・松本裕樹が3回1失点の好投!一軍切符まであと一歩/OP戦

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事