掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC 速報】アメリカ対ベネズエラの対戦は両先発の好投により均衡した試合展開に!

16日(日本時間)にアメリカのペトコ・パークで開催されている第4回ワールドベースボールクラシックのアメリカ対ベネズエラの一戦は、アメリカ先発スマイリー、ベネズエラ先発のヘルナンデスの好投による均衡した試合展開となった。

アメリカ先発のスマイリーは昨季タンパベイ・レイズで一年間ローテーションを守った好投手であり、ベネズエラ先発のヘルナンデスは「キング・フェリックス」の愛称で親しまれ、シアトル・マリナーズで圧倒的な実績を持つ好投手である。
その両先発が踏ん張り、試合が動いたのは3回、ベネズエラはスマイリーを責め立て無死二三塁のチャンスでインシアルテのセンターへの犠牲フライで1点を先制した。

その後は両投手がチャンスを与えることもなく、其々の投手を引き継いだリリーフ陣も踏ん張り、6回終了まで1-0でゲームが進んでいる。

【WBC】アメリカ対ベネズエラの試合速報はこちら

【WBC 速報】ベネズエラがインシアルテの犠飛で1点を先制

キーワード

新着記事