剛爆打線の東京勢!早稲田実業と日大三が魅せる超高校級打線が選抜大会を盛り上げる

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

3月19日に開幕する第89回全国選抜高校野球の組み合わせ抽選会が、3月10日午前9時より行われた。2年ぶりとなる2校同時と出場となった東京勢。規則により逆側のブロックに振り分けられ対戦は決勝までない。決勝で相まみえることはあるのだろうか。東京勢両チームの特徴をおさらいしたい。

清宮だけじゃない!総合力の早稲田実業

秋の公式戦成績
戦績 11試合10勝1敗
チーム打率 .369
チーム本塁打 9本
チーム防御率 3.16

早稲田実業の中心は清宮幸太郎ということで間違いないだろう。3番一塁、そして主将としてチームをまとめ上げ秋季東京都大会を制覇。明治神宮大会で準優勝をつかみ選抜切符を手に入れた。

清宮の今秋の公式戦成績は打率.412、5本塁打、14打点と中心打者たる成績を残している。清宮の後ろに座る野村大樹は打率.459、4本塁打、18打点。清宮と勝負を避けても野村がいる。主砲一人であれば徹底マークで押さえ込めばいい。

場合によっては、奇しくも今大会の1回戦で対戦する明徳義塾(高知)の馬淵史郎監督が1992年夏の選手権で見せた松井秀喜(星稜)に対する五打席連続敬遠という作戦もある。

清宮と勝負せざるを得ない状況にするための『4番野村』このチームの強みの一つだ。

清宮の前を打つ上位打線の高打率も見逃せない。明治神宮大会準決勝から1番野田優人、2番西田燎太の1、2番を起用。2試合で2人合わせ7安打と結果を残している。この2人が出塁し清宮、野村が返すというのが必勝パターンだ。

投手陣は防御率3.16と『春は投手力』の選抜を戦い抜くには心許ない。しかし、取られたら取り返す。それが今年の早稲田実業だ。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事