掲載日: 文章:Clipee運営局

広島・床田が5回1失点!粘りの投球で開幕ローテだ!/OP戦

16日、広島は静岡草薙球場で楽天とオープン戦を行った。

広島の先発は中部学院大学からドラフト3位で入団した左腕の床田寛樹。

床田は初回に先頭の茂木栄五郎に二塁打を打たれてピンチを迎えるも、銀次、今江年晶、ウィーラーを打ち取って無失点で切り抜ける。無失点で迎えた3回、岡島豪郎の安打と盗塁で2死二塁とすると、銀次に右翼への適時打を打たれ、先制を許してしまう。しかし4回、5回と走者を出しながらも無失点で抑えた。

床田は「走者を置いても、前回(9日西武戦)よりストライク先行で投げられたと思います」と話し、走者を出してからの粘りを見せることができた。

2戦続けての好投となり、開幕ローテーションが現実のものになってきた。大学時代は中央球界では無名の存在だったが、プロの舞台で存在感を示し始めている。

広島・野村が打たせて取る投球で5回無失点!開幕へ視界良好!/OP戦

キーワード

新着記事