掲載日: 文章:Clipee運営局

日本ハム・有原が6回7失点…DeNA・石田との同郷対決に敗れる/OP戦

16日、日本ハムは札幌ドームでDeNAとオープン戦を行い、1-9で大敗を喫した。

日本ハムの先発は開幕投手の有力候補の有原航平。DeNAの石田健大とは同い年で同じ広島出身。OP戦とは言え負けたくない一戦となった。

しかし、初回にDeNAのドラフト9位ルーキー佐野恵太に右翼への適時打を許すと、続くロペスにも犠飛を打たれて2失点。2回から5回までは無失点に抑えて立ち直ったかに見えていたが、6回に落とし穴があった。連打と重盗で無死二、三塁とすると、石川雄洋に適時打を浴びてしまう。さらに佐野の打球を二塁手の田中賢介が後逸してしまいさらに1失点。この後白崎浩之に2ランを浴びるなど、この回だけで5失点。

自責点は3点だが、味方の失策をカバーする粘り強さが出てくると信頼感も増すだろう。開幕まで約2週間となったが、その間に修正していきたいところだ。

日本ハム・3年目石川が4回無安打投球!獲るぞローテ!/OP戦

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事