第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でオランダが秘密兵器を投入することになりそうだ。2009年のWBCでは捕手としても出場、2013年は準決勝で招集されたが出番はなかったものの超一流のクローザーでもあるケンリー・ジャンセン(ドジャース)だ。

名前:ケンリー・ジャンセン(Kenley Jansen)
国籍:オランダ
生年月日:1987年9月30日
守備:投手
投打:右投両打
所属:ドジャース
年俸:1,080万ドル(2017年)
2016年成績:71試合/3勝2敗47S/68.2回/奪三振104/与四球11/防御率1.83
通算成績:409試合/19勝13敗189S/408.2回/奪三振632/与四球119/防御率2.20
※2016年終了時点

2004年にドジャースと契約し入団を果したジャンセン。入団当初は捕手だった。2009年シーズンから投手に転向し2010年にメジャー昇格。中継ぎとして25試合に登板し27回を投げ41奪三振、防御率0.67と結果を残した。

2012年からクローザーを務め5年連続で25セーブ以上をマークしている。1イニング限定のクローザーではなくピンチの場面では8回からでもマウンドに登る。本人も「いつでも行ける」と話しており監督にとって心強いクローザーだ。

得意球のカッターが投球割合の88%を占め追い込むとスライダーの割合も増えてくる。それでもカッターの割合は80%。わかっていても空振りしてしまうのがジャンセンの投球ということだろう。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

ナショナル・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事