阪神打線が爆発!高山俊、原口文仁が本塁打!終盤一挙8点!

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

17日、阪神はナゴヤドームで中日とオープン戦を行った。

中日先発の山井大介に6回無失点と封じ込められていた阪神打線が終盤に爆発した。

0-4と4点ビハインドで迎えた8回表。ルーキー糸原健斗が安打で出塁すると明治大学の後輩である高山俊が本塁打で2点を返す。その後も安打、四球、安打で2死満塁のチャンスを作ると俊介が押し出し四球で1点を追加し3-4。

続く9回には1死満塁のチャンスを作ると中谷将大が適時二塁打で5-4と逆転に成功。直後に原口文仁がダメ押しとなる3点本塁打で8-4とリードを広げた。

8回、9回の2イニングで8点を奪った阪神が中日に逆転勝ち。新外国人キャンベル、ドラフト1位ルーキー大山悠輔が不在でも連打と本塁打で点を取る。これが今年の阪神スタイルになりそうだ。

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事