ヤンキース・田中は5回途中6奪三振!継投によるノーヒッター達成/OP戦

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局
  • 写真:Gettyimages

ヤンキースの田中将大がタイガースとのオープン戦に先発した。

初回、田中は簡単に2死を取ったものの連続四球でピンチを招く。しかし、強打者ジャスティン・アップトンを三振に打ち取り無失点。ここからが圧巻だった。2回は味方の失策で走者を許したものの次打者を併殺で結果3人で終わらせる。3回は2者連続三振を含む三者凡退。4回1死から5回1死まで三者連続三振を奪ったところでマウンドを降りた。

結局この日の田中は4.1回を投げ無失点、被安打0、与四球2、奪三振7の投球。全く不安を感じさせない投球でタイガース打線をねじ伏せた。

田中の後を受けたリリーフ陣もタイガース打線にヒットを許さず、継投によるノーヒッターも達成している。

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アメリカン・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事