3月20日(日本時間)に開催される侍ジャパンと前田健太投手が所属するロサンゼルス・ドジャースの練習試合。

第4回ワールドベースボールクラシックの調整試合として組まれているこの試合、侍ジャパンはアメリカの球場という環境に一刻も早く慣れる必要がある。
昨日の19日(日本時間)に組まれたシカゴ・カブスとの練習試合は6-4で敗戦し、投手陣に大きな課題が残る試合であった。
ただし、課題だけではなく手応えもあったのも事実である。それはリリーフ陣の好調さがキープされていること。
宮西・則本はとくに対応できている。松井も出会い頭の一発をくらっただけであり問題はないと侍首脳陣は考えているようだ。

本日のドジャース戦は、カブス戦で登板しなかったリリーフ陣が全員登場する予定となっており、仮装アメリカの最終調整の場として、最高のパフォーマンスを披露してもらいたい。

【WBC】侍ジャパン対LAドジャースの試合速報はこちら

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事