掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC 速報】プエルトリコが粘るアメリカを振り切り2連勝! 初回に怒涛の6者連続安打

3月18日にアメリカのペトコ・パークで開催された第4回ワールドベースボールクラシック2次ラウンド「プエルトリコ対アメリカ」の一戦は、プエルトリコが序盤と終盤に効率よく点を取り、粘るアメリカを振り切って勝利した。

試合は1回裏、プエルトリコが怒涛の6者連続安打を放つなどで4点を奪いアメリカに大きくリードする展開となった。
追いつきたいアメリカは、2回にホスマーのタイムリーヒットで1点を返すと、5回にはポージーのソロホームランで2点差へ追いついた。
さらにアメリカは、6回にもA・ジョーンズが2試合連続となるホームランを放ち4-3と1点差まで追いつく。

しかし8回には、プエルトリコが四死球ででたランナーをアメリカ守備の乱れの間に返し2点を奪い6-3と再びリードを広げた。
後がないアメリカは9回に驚異の粘りをみせた。
先頭のアレナドが四球、続くホスマーがヒットで出塁し二死二三塁の一打同点のチャンスで、クロフォードがタイムリー3ベースを放ち2点を返し1点差においつくも、続くハリソンが空振り三振に打ち取られプエルトリコが勝利した。

【WBC】プエルトリコ対アメリカの試合速報はこちら

【WBC 速報】プエルトリコがアメリカを突き放す! アレナドが痛恨の悪送球

キーワード

新着記事