ソフトバンク・松坂がOP戦先発も4回途中2死満塁で降板/OP戦

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

18日、ソフトバンクはメットライフドームで西武とオープン戦を行い、右肩の故障から復帰を目指す松坂大輔が先発登板した。

古巣との対決はほろ苦いものとなった。

打線が3点のリードを奪って迎えた初回、松坂は田代将太郎を左飛、大﨑雄太朗を二飛、浅村栄斗を二飛とフライ3つで簡単に料理する。3回には1失点し、4回2死一塁から四球2つで満塁とすると、ここで降板した。後を受けた加治屋蓮が永江恭平に適時二塁打を浴びて西武に逆転を許してしまった。

松坂はこの日3.2回を投げて1安打2奪三振に抑えたものの、4四球と制球に苦しんだ。前回登板では4.2回を7四球と大荒れだったが、ある程度修正してきた。

先発ローテ争いはかなり苦しくなってきたが、平成の怪物の復活を誰もが望んでいる。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事