18日、阪神は横浜スタジアムでDeNAとオープン戦を行った。

先発のマウンドに登ったのは昨シーズン10勝を挙げる活躍でブレイクした岩貞祐太。

岩貞は初回、桑原将志、佐野恵太から三振を奪うなど快調な立ち上がり。3回先頭の戸柱恭孝に左越二塁打を浴びるが後続を打ち取り無失点。4回は2死後に安打、四球、四球で満塁のピンチを作るが慌てない。3回に二塁打を浴びた戸柱を抑えピンチを凌ぐ。

6回にも連打を浴び無死一、二塁とするがロペスを凡打に打ち取ると、シリアコ、倉本寿彦を連続三振に仕留めマウンドを後にした。

この日の岩貞は6回無失点、被安打4、与四球2、奪三振8(94球)と安定した投球を披露。今シーズンも先発の柱として期待できそうだ。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事