ロッテはダフィー、パラデスの両外国人がマルチで快勝!/OP戦

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

18日、ロッテはZOZOマリンスタジアムで巨人とのオープン戦を行った。

先発は開幕投手が内定している涌井秀章。2回に見方の悪送球などが絡み1点を失うがソレ以降は無失点に抑える好投。5回1失点(自責0)を60球でまとめる省エネ投球を見せ順調ぶりをアピールした。

打線はパラデス、ダフィーの両新外国人がそろってマルチ安打、打点を挙げ勝利に貢献するなど9得点。デスパイネ(ソフトバンク)の穴を感じさせない破壊力を見せてくれた。

この日の試合が終わって4番パラデスは打率.316、6番ダフィーが打率.333と3割をマーク。二人の間に座る5番の鈴木大地も打率.324と好調。一発ではなく連打で点を取るのが今年のロッテスタイルになりそうだ。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事