立命館大の左腕エース・東克樹【Players report】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

2015年ドラフト1位で桜井俊貴(巨人)を輩出した立命館大学。今年のドラフトでもドラフト指名されそうな逸材が生まれそうだ。左腕エースの東克樹だ。

氏名:東克樹(あずまかつき)
守備:投手
投打:左投左打
所属:立命館大学
出身:四日市トップエースボーイズ→愛工大名電高校

愛工大名電高校時代は1年からベンチ入りを果たしていた東。2年春、夏ともに甲子園では背番号「10」でベンチ入りするもエース濱田達郎がいたため登板機会はなし。3年夏にようやく背番号「1」をつけ甲子園で初登板。初戦の聖光学院戦で完投するも4失点で敗戦投手。4番の園部聡(オリックス)にも2安打を浴びた。その後、プロ志望届は提出せずに立命館大学へと進学。

立命館大学では1年秋から登板。8試合に投げ2勝0敗、防御率0.39の好成績。その後も順調に成長し3年となった昨年は春に3勝1敗、防御率0.65でMVP、ベストナイン、最優秀投手を受賞。京都大学戦ではノーヒットノーランも達成している。秋も5勝2敗、防御率1.38と好成績を残しドラフト候補に躍り出た。

170センチ、70キロと小柄ながら145キロを超えるストレートを投げる。変化球もスライダー、チェンジアップ、カーブなど多彩。ドラフト1位指名は難しいが中位で獲得する球団はありそうだ。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アマチュアに関する記事

お勧め記事

新着記事