【WBC 速報】重量打線のプエルトリコは17安打13得点でベネズエラに圧勝

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局
  • 写真:Gettyimages

3月19日(日本時間)にアメリカのペトコ・パークで開催される第4回ワールドベースボールクラシックの2次ラウンド「プエルトリコ対ベネズエラ」の一戦は、プエルトリコ打線がまたも爆発しベネズエラを圧倒した。

プエルリコは、初回無死満塁のチャンスを作ると5番T・リベラの内野ゴロの間に1点を先制し勢いづくと、3回と5回にアービレイスのタイムリーなどで1点づつを加え3-0とリードした。
さらに止まらない重量打線プエルトリコは、6回に2点を加え、7回には打者9人、4安打3四球の猛攻で5点を奪い10-2とした。

反撃に出たいベネズエラは6回にオドーアの2ランホームランで2点を返すも反撃はここまで。

9回に再びプエルトリコの猛攻を受け、バルガスのホームランなどで3点を加えたプエルトリコが13-2でベネズエラを圧倒しプールF3連勝で1位突破を決めた。
一方破れたベネズエラは強豪国ぞろいのプールFで3連敗と一矢報いることができず今大会を去ることとなった。

勝利したプエルトリコは21日(日本時間)に準決勝で侍ジャパンと激闘を繰り広げたオランダ代表と対戦することが決定している。

【WBC】ベネズエラ対プエルトリコの試合速報はこちら

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事