ダルビッシュは5回途中2失点も6奪三振/OP戦

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局
  • 写真:Gettyimages

日本時間19日、ダルビッシュ有(レンジャーズ)がレッズとのオープン戦に先発した。

初回、メジャー屈指の俊足ビリー・ハミルトンを三振に打ち取るなど三者凡退と上々の立ち上がり。2回は先頭から四球、死球でピンチを作ると味方の失策も絡み1失点。しかし、その後はに2者連続三振を奪い追加点を許さない。
3回は1死から二塁打、失策でまたしてもピンチを招くがライアン・レイバーンを併殺に打ち取り無失点。5回には四球で出した走者に盗塁、失策で三進されその後、適時打を浴び失点。2死をとったところで降板した。

この日のダルビッシュは4.2回、2失点(自責1)、被安打2、与四死球4、奪三振6の内容。2死球を与えるなど制球面で不安が残っている。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アメリカン・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事