3月19日、阪神甲子園球場で開催されている第89回選抜高等学校野球大会の第一日目第一試合は「至学館対呉」の試合。
開幕ゲームとなったこの試合は、超満員の観客を痺れさせる好ゲームとなった。

試合は、初回に至学館が先頭の定塚が内野安打で出塁し、一死三塁のチャンスに3番鎌倉が内野ゴロを打った際にサードランナーが一気にホームを陥れ1点を先制した。しかし、2回に呉は7番西岡のタイムリーで直ぐさま同点に追いつく。

5回に呉打線は至学館に襲いかかり、6番青木・7番西岡と連続ヒットで続き、9番池田がレフトへの犠牲フライを放ち1点を勝ち越した。
追いつきたい至学館は、その裏、先頭の5番新美がヒットで出塁しチャンスメイクをすると、四球を絡め二死二三塁のチャンスで9番藤原のレフト前への勝ち越しタイムリーで2点を奪い逆転した。

8回にも至学館は1点を奪い2点リードで最終回を迎えた至学館だが、呉は粘り強い野球をみせる。
呉は、先頭の6番青木がヒットで出塁すると、8番上垣内がライト前へ運ぶタイムリーで1点を返し4−3と迫ると、9番池田が値千金のタイムリー2ベースを放ち土壇場で同点に追いつき、試合は延長戦に突入した。

延長は10回・11回と両校譲らず無得点で終わり、延長12回にこの好ゲームの決着はついた。

12表呉は一死から3番近藤・4番新田がヒットで続き、5番柏尾の際に至学館が2つの悪送球で1点を失うと、柏尾がスクイズを成功させ2点を奪い勝ち越しに成功した。
その裏の至学館の攻撃は「ミラクル至学館」を感じさせるのに十分だった。至学館は先頭の5番新美がレフトフェンス直撃の2ベースで出塁すると、続く6番大谷が死球後に犠打でチャンスを広げ、8番木村が内野ゴロを放つ際にランナーが返り1点差に詰め寄った。
しかし反撃はここまで。最後はランナーとサードが交錯し守備妨害を取られゲームセットとなった。

呉の先発池田は12回を投げ抜き、160球の熱投を見せた。

【センバツ高校野球】至学館(愛知)対呉(広島)の試合速報(スタメン情報)はこちら

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事