3月19日(日本時間)にアメリカのペトコ・パークで開催される第4回ワールドベースボールクラシックの2次ラウンド「アメリカ対ドミニカ」の一戦は、同点で迎えた4回にアメリカが2点を勝ち越した。

同点で迎えた4回表、アメリカは二死からクロフォードがヒットで出塁すると、今大会不調の強打者スタントンが値千金となる左中間スタンドへ運ぶ勝ち越し2ランホームランを放ちアメリカが2点をリードした。

【WBC】アメリカ対ドミニカの試合速報はこちら

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事