3月19日(日本時間)にアメリカのペトコ・パークで開催される第4回ワールドベースボールクラシックの2次ラウンド「アメリカ対ドミニカ」の一戦は、1点差まで詰め寄ってきたドミニカをアメリカが2点を奪い突き放した。

試合は、アメリカリードの8回表、四球と死球でランナーが出塁し一死一二塁のチャンスに6番のマカチャンがセンターへのタイムリー2ベースを放ち2点を奪い、追うドミニカを再び突き放した。

【WBC】アメリカ対ドミニカの試合速報はこちら

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事